スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

株を始めたばかりの超初心者用 簡単に話題の銘柄が選べる本

「株をやろう!」きっと誰でも1度は考えたことがあると思います

しかし実際に株を始めるに当たって、多分ほとんどの方が一番最初に「どの銘柄を買えば良いの?」という問題に突き当たるのではないでしょうか。

そして本屋などで「初心者向き」と題する株の本を買ってみると・・・初心者向きのはずなのに、株の専門用語がズラーッと並び、むずかしいチャート解析や会社四季報の読み方などを筆頭に「発行株数が何枚の単元が何枚でPERが何倍で業績がこれでチャートの日足がこうで押し目だから今日は薄めに仕入れて値下がりしたらナンピン買いして・・・」などなど、読むだけでチンプンカンプン、銘柄を選ぶより先に株の知識を勉強しないとならないような書き方がされていて、どの銘柄を買ったら良いか分かるようになるまで一苦労・・・という結果になってしまっているのではないでしょうか。

本書では、そんなむずかしい株式用語の勉強はいっさい必要なし!

自己紹介が遅れました。私、投資顧問会社WAーFUNDにて為替部門に2年、その後、株式部門でチーフマネージャーを7ヶ月務めておりました石川博史と申します。今回、縁あって総合企画マニカルラフターさんに寄稿することになりました。

もちろん私が実際に株の売買指示を出す際には、この何十倍もの研究をしますし、ありとあらゆる方向から解析します。本業ですから。

その私が株式売買の情報を集める際に、実際にネタ元にしている情報群の中から「株を始めたばかりの超初心者でも」株の銘柄を選ぶ情報源として最低限の労力で最高の効果を引き出して使える銘柄の仕入れ方、仕入れた情報の簡単な判別法、それに従った売買の判別や動き方を、ここに惜しみなく公開いたします!

本書に書かれている方法で、株式相場が始まる30分くらい前に●●●を調べ始めて話題の銘柄情報をメモし、本書に従って買う買わないの判断をつけ、昼休み明けの午場から相場が終わる前にもう1回情報を仕入れて売るか残すかを決めて、1日の取引が終了。また明日も相場が始まる30分前くらいに本書の通りに●●●を調べて売買判断・・・の繰り返し。

たったこれだけ!本当にこれだけです!

ネット株口座、パソコン、本書、これ以外で銘柄選びに必要なものは

「選んだ銘柄をメモする紙とえんぴつ」だけ。

株式新聞も四季報もチャート定規も電卓すら要りません。

そもそも「株価はなぜ動くのか」を考えてみて下さい。会社の業績?日経やダウ平均?為替変動?チャート解析?××式解析法?・・・もちろん、これらも株価が動く「要因」の1つではありますが、直接動く「理由」ではありません。
--------------------------------------------------------------------------------

本書は「株価が動く理由」からダイレクトに考えた銘柄選び方法なのです。

--------------------------------------------------------------------------------

なぜ株価は「動く」のか?この理由に徹底的にこだわり「動く理由」に乗っ取った方法で銘柄を選ぶノウハウを大公開します!

専門的な知識は不要!まったくの株初心者の方でも(もちろん株の経験のある方でも)本書を手にしたその時から即使えます。

銘柄を選ぶ時間はわずか30分!「本書に書かれた通りにやるだけ」の完全簡単マニュアル形式です。

対象は「すべての銘柄」!本書では「6通り」の銘柄収集パターンを解説して、選ぶ対象を「全銘柄」対象になります!

個別の銘柄だけではなく市場全体も予測!本書に書かれた手順で銘柄情報を収集する最中に、その日の相場が好調か不調かまで予測可能!不調相場に飲まれるリスクも減ります。

分からない特殊用語の解説辞典付きとくに●●●●●●で調べる情報の中には、そこでしか使われていない(普通の辞書や株式用語集には載っていない)特殊な用語や隠語が多数含まれている場合があります。それらの特殊用語30以上を辞典形式で解説!

万全のアフターサポートご購入者専用のお問い合わせメール窓口を設置しています。ご購入後1ヶ月間あるいは3議題まで、疑問や質問などのお問い合わせやアドバイスのご依頼などをメールにて「無料で」お受付いたします!

そして、通常ですとこのような株に関する方法の多くは、その方法が広まってしまうと使えなくなってしまうことが多々ありますが、本書方法の最大の特徴は

「この銘柄収集方法がどんなに広まっても、半永久的に使い続けることが可能」

という点なのです。それどころか、ある程度なら広まってくれた方が逆に情報の信憑性が上がる可能性があるのです!


続きはコチラから
スポンサーサイト
02 : 56 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://ranpardfamf.blog78.fc2.com/tb.php/192-13a2c062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

hfdgxfg

Author:hfdgxfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。